湿気は大敵

依頼の案内をする

部屋を湿気させないようにする

ゴキブリは、わずかな水分のあるところでも生きていける虫です。ゴキブリは、湿気、食べ物のカスがあるところには寄っていきます。生ごみや食べカスはきちんと処分することが大事です。 また、洗面台、キッチン、トイレなどの水回りも湿気させないように注意します。すきまにものをあまり置くことも賛成できません。段ボールや新聞紙をため込みすぎたまま放っておくのもよくありません。巣を作られたら大変です。 また、観葉植物も注意したほうがいいでしょう。 ゴキブリは暗いところ、しめったところ、食べ物のあるところ、温かいところが好きです。よって冷蔵庫の裏なども要注意です。料理で落ちたカスなどもこまめに掃除して常に清潔にしておくことが大事です。

もし遭遇したらすぐに退治

ゴキブリに注意していてももし遭遇してしまったらすぐに退治することです。退治方法はいろいろありますが、スプレーをかけるという人が多いのではないでしょうか。勇気のある人はスリッパや新聞紙でたたいて退治してもいいでしょう。たたく場合はおしりのほうから退治することがポイントです。 メスのゴキブリは、退治して死んでしまっても、卵を最後に産卵するという生命力の強さがあります。死骸を処分したらその周辺もきれいにして消毒をできたらしておきましょう。 他にもゴキブリがいる可能性があるので、ホウ酸ダンゴなどを部屋に置いて対策をします。外からの侵入を防ぐため外用にもホウ酸ダンゴを置いておくといいでしょう。 部屋のわずかな隙間にも注意しましょう。